トップ >  4.エマルジョン燃料製造装置
 ■ エマルジョン燃料製造装置のご案内

化石燃料の枯渇や、中東情勢による燃料費の高騰など、非常に厳しい状況が続いていますね。
再生可能エネルギーの開発なども進んでいますが、今すぐに代替可能な状況でもありません。

そこで、現時点では化石燃料を使用しながらも、できる限り使用量を削減し、不安定な状態を軽減しながら、将来のエネルギー技術の転換までつなぐという形で対策を図ることが重要ではないでしょうか。

そのための方法として、エマルジョン燃料の利用が非常に有効となります。
Purismでは、エマルジョン燃料製造装置およびその燃料の高品質化に必要な界面活性剤を開発した株式会社AIT社様と提携し、装置の販売を行うこととなりました。

%91%95%92u%8AO%8A%CF.jpg

%8E%86%89%E6%91%9C%83e%83L%83X%83g.jpg

エマルジョン燃料とは、重油、軽油等の化石燃料と水を混合した燃料のことです。
AIT社のエマルジョン燃料製造装置では、20〜25%程度の水を混ぜることが可能です。

その化石燃料と水の混合の仕方によって、燃料としての品質に大きな差が出ますが、安定的に高品質な燃料を製造するために、界面活性剤を添加します。
その界面活性剤にも多様な種類があり、それをブレンドすることによってオリジナルの界面活性剤を開発し、非常に安定的に高品質な燃料を製造することが可能になりました。

使用する燃料の量、燃料費の仕入れ単価、その他燃料の使用状況によりコストの削減率は多少異なりますが、少なくとも16%以上削減できることが検証されています。

大量・高額な化石燃料を使用されている方は是非エマルジョン燃料の導入をご検討ください。
現状の燃料使用量など、いくつかの情報をいただけましたら、削減可能な額などのシミュレーションをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

■ 記事に関するお問い合わせはこちらからどうぞ →

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://purism.biz/cgi-bin/mt33/mt-tb.cgi/73

コメントはお気軽に♪




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



Copyright(C) 2004-2013 Purism All rights reserved.