トップ >  1.コンサルティング・マーケティング
 ■ 常に複数の視点からアプローチ

専門家になるとその分野のことはわかったつもりになって、自分の考え方がベストだと思いがちです。
しかし、第三者からみたら、ツッコミどころ満載な場合が多かったり、商品やサービスとニーズとのズレが激しいことが多いものです。
自分の仕事と関係ないサービスなどに接した時に「何でこんなことに気がつかないんだろう?」と思ったことが少なからずあると思いますがいかがでしょうか?

また、内部の人同士では、後々の人間関係を考えると、本音では意見を言いづらいといったこともあり、なかなか本当に良い方向に進んでいくのは難しいようです。

そんな時には、第三者の立場で、複数の視点で観察・分析することが必要となります。
例えば、商品開発であれば、制作サイド、流通サイド、エンドユーザーサイドといった視点で考える必要があり、そのジャンルや商品特性等によって、どの面を重視するか、どのようにバランスをとるかが重要となります。このような複数の視点で、本当に良い商品を作るためのお手伝いをさせていただきます。

外部からの視点でバランスのとれた、偏りのない分析をすること。
外部から耳の痛い話をしながらも、説得力を持った意見をお伝えすること。

業務が専門特化すればするほど重要になります。
みなさんの業務上の盲点をカバーする仕事はお任せください。

■ 記事に関するお問い合わせはこちらからどうぞ →

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://purism.biz/cgi-bin/mt33/mt-tb.cgi/64

コメントはお気軽に♪




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)



Copyright(C) 2004-2013 Purism All rights reserved.